HOME>イチオシ情報>任意整理や自己破産で解決できない場合に役立つ

マイホームを守りながら借金を減らせる

法律書

多額の借金が返済できない状況では、早急に弁護士や司法書士に相談する必要があります。名古屋で債務整理をする人は任意整理を筆頭に、自己破産や個人再生などの方法で解決しています。個人再生は任意整理で解決できない多額な債務があるけど、マイホームだけは守りたいという人におすすめの方法です。個人再生をすると借金が5分の1になり、さらに任意整理と同様に今後の利息がカットされます。例えば500万円の債務があるならば、100万円まで圧縮されるわけです。その100万円を3~5年かけて完済していく流れとなり、毎月債権者への口座振込という形で返済していきます。個人再生後の返済では2回連続で入金不可となると一括請求をされる可能性があるので注意してください。

受任通知をして取立てをストップ

女性弁護士

専門家に個人再生の依頼をすると、債権者に対して受任通知をして借金の取立てを止めることができます。受任通知とは弁護士や司法書士が債務整理の手続きを開始したと債権者に伝えるもので、債権者に通知が届いた瞬間から一切の取立てはできなくなります。名古屋で個人再生をする場合の費用は40万円程度であり、任意整理と比べて10倍くらい高額です。ただ個人再生はすべてのローンを一括整理できますので、借入件数が多い場合は債権者1件あたりで報酬が設定される任意整理よりも安くなることがあります。

自己破産ができない場合に

男女

自己破産の手続きをすれば借金がゼロになると考える人がいますが、免責がおりて初めてゼロになります。浪費で作った借金の場合は免責不可事由に該当するケースがあり、その場合は借金が減りません。これに対して個人再生は借金の動機に関わらずに手続きができますし、確実に債務を減額できるメリットがあります。そのためギャンブルをして作った借金を名古屋で解決するために個人再生を選択する人が多いわけです。個人再生は裁判所を通して手続きをしますが、これらの手続きは弁護士が代行してくれます。

広告募集中